あなたの笑顔が私たちの喜びです

こんなことにお悩みでいらっしゃいませんか?

腰が痛い 中腰がつらい
太ももの裏側から膝下まで痛みが走るつらい坐骨神経痛
肩甲骨の内側から腕に痛みが走って寝るときつらい頸椎症の痛み
帯状疱疹になって2週間経過するが痛みが持続している
痛み止めをのんでもマッサージを受けても痛みがとれない
肩が痛くて 夜目が覚める
頭痛が酷くて、家で寝たきりの事が多い

これはペインクリニック受診患者さんから頻繁に伺うお悩みです。上記の様な症状にてお悩みの方は一度、ペインクリニック専門医に御相談ください。ペインクリニックでは神経ブロック療法を中心に診療を行います。

症状から探す

前屈での腰痛

前かがみでの腰痛では、筋筋膜性腰痛、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症(不安定性腰椎の場合)、仙腸関節障害などがあります。腰部脊柱管狭窄症は前屈みでは通常は楽になることが多いですが、中腰では腰痛が発生することが多いです。
筋筋膜性腰痛(発症1週間以内の場合に疑う)>椎間板ヘルニア>腰椎すべり症

後屈での腰痛

後屈での腰痛では椎間板ヘルニア、腰椎すべり症(不安定性腰椎の場合)、腰部脊柱管狭窄症、仙腸関節障害、筋筋膜性腰痛の一部、があります。レントゲン写真で問題あれば、腰椎疾患(椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症)を疑います。発症して1週間以上経過していたり、ひねり動作でも腰痛がない場合は筋筋膜性腰痛ではないはずです。マッサージによる効果はあまり期待できません。仙腸関節障害は仙腸関節部を押すと痛いのが特徴となりますが、これは腰椎疾患でも現れる症状なのでレントゲン写真の検査が必要となります。
腰部脊柱管狭窄症椎間板ヘルニア>仙腸関節障害、腰椎すべり症(不安定性腰椎)>>筋筋膜性腰痛

ひねりでの腰痛

ひねりでの腰痛は筋肉由来の痛みを連想します。腹斜筋という筋肉の緊張からひねり動作で筋肉がストレッチされたときに筋肉に痛みが生じます。筋筋膜性腰痛の要素となります。(腰椎疾患が潜伏している可能性はあります。)
筋筋膜性腰痛>>腰部脊柱管狭窄症

前屈でも後屈でも痛い

様々な原因がありますが、まづは腰椎疾患あるいは仙腸関節障害が原因となりやすいです。まれに筋筋膜性腰痛のことがあります。(発症して1週間以内であり、ひねり動作でも腰痛がある場合)レントゲン写真で腰椎疾患を疑う場合は、腰椎疾患による要素が強いと考えます。
腰部脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 腰椎すべり症>>>仙腸関節障害>筋筋膜性腰痛

腰痛とお尻、太ももに痛みがある

腰痛と太ももに痛みがあるときは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの腰椎疾患をまずは考えます。ぎっくり腰はこの場合は否定的です。 仙腸関節障害の場合太ももの外側に痛みが走ることはありますが、太ももの裏側やおしりにも痛みがある場合は仙腸関節障害の症状とは違います。
腰部脊柱管狭窄症椎間板ヘルニア>仙腸関節障害(仙腸関節に圧痛ある場合のみ違う)

腰痛の原因

腰部脊柱管狭窄症

・・・前屈すると楽になり、後屈すると痛くなる。歩き出すと痛くなる事を間歇跛行と言します。これは腰部脊柱管狭窄症の特徴です。(椎間板ヘルニアでも同様の症状が起こります。)腰椎レントゲンでは 腰椎の変形(骨棘、椎間の狭小化、腰椎の前彎が著しい等)が多くの場合あります。腰椎レントゲンでの変性がはっきりしなくてもMRIで脊柱管の狭窄所見がある場合、腰部脊柱管狭窄症と考える。またMRIの所見も正中を中心に第4第5腰椎の間で脊柱管が狭窄する場合が多く、この場合はMRI画像診断は非常に容易です。第4第5腰椎の外側陥凹狭窄による下肢症状の場合は、脊椎の診療に慣れていない医師では診断が難しい場合がある。

腰椎すべり症

・・・症状はほとんど腰部脊柱管狭窄症と同じ。前屈すると楽になります。立ったり、座ったりで坐骨神経痛がでます。第4腰椎が第5腰椎より前方にづれています。腰椎の中心を走る脊柱管がづれて狭くなり下肢への神経痛が出現します。

椎間板ヘルニア

・・・レントゲンを撮影し、腰椎に変性が少ない場合に疑う。臀部から太もも、膝下に痛みが走る場合は坐骨神経痛と言う症状であり、前屈するとこれを伴う場合はヘルニアの可能性がある。坐骨神経痛がない場合はMRIでヘルニアがあったとしてもヘルニア以外での腰痛の可能性もある。8週間以内に50%の人は痛みが消失します。手術は排便排尿障害、麻痺が出現した場合が適応となります。排便排尿障害、麻痺がない場合は痛みがひどくても、まづは8週間は経過を待ち、ロキソニン、リリカ 、トラムセットの内服、ボルタレン座薬の使用を行い、場合により硬膜外ブロック、神経根ブロックなどを施行することで痛みを緩和し経過を見ます。

腰椎椎間板症

・・・慢性 急性の腰痛であり体動時の増悪が特徴で、通常、下肢の症状はありません。MRIを撮影しても腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症の所見がなく、椎間板が変性している所見がある場合(他の椎間板より水分量が減っている所見がある場合)これを疑います。繰り返し、椎間板に炎症が起こった場合に椎間板に腰痛を感じる神経が入りこみ、ちょっとした椎間板の負荷でも腰痛を感じる状態になっています。

仙腸関節障害

・・・痛い箇所が仙腸関節に一致した部位を押すと痛みが生じます。これは腰椎疾患でも起こりえる症状ですが、腰椎レントゲン写真、MRIにて異常がない場合には考える必要があります。背骨に側弯がある場合には、特に症状として疑います。

ぎっくり腰

 ・・・本来は急に起こった腰痛のことを指しますが、ほとんどが腰周囲の筋肉のこわばり症状です。「重いものを持った後におこる前屈み時の腰痛」が典型的なケースです。お尻や太ももにしびれや痛みがある場合は、椎間板ヘルニアなどの別の原因を考えます。